• HOME
  • セクハラ・パワハラを受けた

セクハラ・パワハラをされた

セクハラ・パワハラを受けてお悩みの方は、まずは弁護士にご相談ください。

セクハラ・パワハラとは、以下のような行為を意味します。
 セクハラ:男女問わず、職場などで相手の意思に反して不快や不安な状態に追い込む性的な言葉や行為
 パワハラ:職場において地位や人間関係で弱い立場の労働者に対して、精神的または肉体的苦痛を与えて職場環境を悪化させる行為

 これらは労働者の人権やプライバシー、身体の安全を侵害する違法行為になる場合があり、被害者によっては身体的・肉体的苦痛がひどく、通常業務に戻れなくなるというケースもございます。

下記のような方は、弁護士に相談をされることをお勧めします。
  • 雇用上の利益や不利益の与奪を条件に性的誘いをかけるなどをする
  • 性的な嗜好などによって人事管理の差別的取扱いをする
  • 業務上の指導などの名目にかこつけて個人的な接触をはかる
  • 役職を振りかざして脅迫・侮辱・暴言を振るわれる
  • 意図的な人間関係の切り離し(仲間はずれ、隔離など) 
 など

近年、労働者側のセクハラ・パワハラに関するご相談が多くなっております。
しかし、ご相談の中で
  • 相談したことがばれて、周囲との人間関係が悪化するのが怖い
  • 弁護士費用が高額になりそうで、払えるのか心配
  • 誰が見てもわかる「決定的な証拠」といえるものが手元にない
などと心配されているようですが、相談の秘密は厳守されますし、弁護士費用も、ご相談時に明確にいたします(初回の相談は無料です)。証拠の有無についても、弁護士にご相談いただければ解決策が見出される可能性があります。
 従業員には、職場で気持ちよく働く権利があります。
 このような権利を確保するため、起きている現象を解決させるべき権利があります。
 初回相談料は無料ですから、まずは当事務所へお気軽にご相談ください。

ご相談メニュー


労働者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求したい
  • 不当解雇された
  • セクハラ・パワハラにあった
  • 労働災害にあった

使用者側専用 労務問題はお早めにご相談ください

  • 残業代を請求された
  • 解雇したい
  • 労基署から調査の連絡が入った
  • 団体交渉をされた

 

048-940-3971│労働問題に関する相談受付中! どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

TOP  ●事務所紹介  ●弁護士紹介  ●弁護士費用  ●解決までの流れ

無料相談詳しくはこちら弁護士とのスケジュールが合えば当日相談が可能です
Acccess Map

事務所サイトはこちら

jimusyo.png

交通事故についてはこちら

koutsuujiko.png

 

離婚についてはこちら

rikonn.jpg

 

相続についてはこちら

souzoku.jpg

 

債務整理についてはこちら

saimuseiri.png

 

自己破産についてはこちら

jikohasann.jpg

 

個人再生についてはこちら

kojinnsaisei.png

 

住宅ローンについてはこちら

jyuutakuro-nn.png

 

法人破産についてはこちら

houjinnhasann.jpg

 

企業法務についてはこちら

kigyouhoumu.jpg

 

労働トラブルについてはこちら

roudou_banner

 

弁護士法人 江原総合法律事務所ブログはこちら

blog_banner